よくある質問

サービスについて

Q: AI-OCRとは何ですか?

A: AI(人工知能)を使うことで、高い精度のOCR(光学文字認識/Optical character recognition)を実現したものです。

Q: Robotaとは何ですか?

A: 当社が提供するAIサービスの名称です。
経理業務の自動化に特化した、AI-OCRを中心とした複数のAIで構成されています。

Q: 非定型対応とは何ですか?

A: (領収書・請求書・通帳であれば、)どのような形式であっても読み取ることができる、という意味です。

Q: テンプレート設定不要とは何ですか?

A: 旧来のOCRは、事前に証憑の形式に合わせてテンプレート設定(または証憑定義、座標設定。これをした証憑しか読み取れない。)をする必要がありました。この作業が不要、という意味です。

Q: Robotaはどのような形態で提供されますか?

A: APIで提供されます。認定リセラー様により、RPAかSIにより貴社経理システムに接続されるケースが多くなっています。

Q: 請求書明細は読み取れますか?

A:はい、表形式の請求書明細は、行・列のタイトルとともに、セル内の文字・数字を読み取ることができます。

Q: 請求書の口座番号は読み取れますか?

A: はい、請求書上のほぼ全ての項目を読み取ることができます。詳細につきましては、お気軽にご相談ください。

Q: 手書きの文字・数字は読み取れますか?

A: はい、手書きの文字・数字も読み取ることができます。

Q: FAXは読み取れますか?

A:はい、読み取れます。ただし、画質が著しく悪いものについては、読取り精度が落ちることがあります。

Q: 台紙に複数枚の領収書が貼ってあるものは読み取れますか?

A: はい、各領収書の位置・向きを自動認識し、読み取ることができます。

Q: 軽減税率に対応していますか?

A: 対応しています。

Q: 証憑の背景に画像や文字がある場合は、その上に書かれた文字・数字を読み取れなくなりますか?

A:新幹線の領収書(背景にJRの文字)は読み取れます。他の証憑で確認されたいものがあれば、お気軽にご相談ください。

Q: 証憑の背景の色や罫線によって精度が落ちますか?

A: 現在までの検証では有意な差は見られていません。とくにご確認されたい証憑がありましたら、お気軽にご相談ください。

Q: 申込書は読み取れますか?

A: Robotaは会計証憑に特化しておりますので、申込書には対応しておりません。

Q: AIはアップデートされますか?

A:はい、当社にはAIに学習させることを専門にしたチームがあり、精度の高くない証憑が見つかれば再学習を続けていますので、継続的にアップデートされています。そのため、お客様は常に最新版のAIを使用することができます。

Q: Robotaはクラウドでの提供のみでしょうか?

A: 現時点では、お客様に常に最新版のAIを最小限の費用で使用して頂くため、クラウドでの提供のみになっております。オンプレでの提供をご希望の場合は、ご相談ください。

Q: どのような料金体系ですか?

A: 基本的には処理枚数に応じたサブスクリプションモデルです。もっとも、Robotaは認定リセラー様経由での販売のみをさせて頂いており、料金体系は認定リセラー様により異なります。当社にご相談頂ければ、貴社に適した認定リセラー様をご紹介致します。

Q: 毎月の読取り処理枚数を確認することはできますか?

A: お客様向けポータルサイトからご確認頂けます。