Remotaサービス利用規約

「Remotaサービス利用規約」は、ファーストアカウンティング株式会社(以下「当社」といます。)が運用するRemotaサービスの利用に共通して適用される決まりを定めるものです。

第1条(定義)

 以下に定義するものを除き、この規約の用語は「ファーストアカウンティングサービス基本規約」及び「Robotaサービス利用規約」に定めるところによります。

  1. 「Remotaサービス」とは、当社が運営し、第3条第1項に定める機能を有するWebサービスをいいいます。
  2. 「Remota規約」とは、この規約(当社HPに掲載し、随時更新され、更新後は、更新後のRemota規約が適用されます。)及びRemotaサービスに関連して当社が定めて利用者に個別に通知し、又は当社HPに公表するRemotaサービスの利用に関する決まりをいいます。

第2条(適用)

 Remotaサービスの利用については、ファーストアカウンティングサービス基本規約のほか、Robotaサービス利用規約およびRemota規約が適用されます。

第3条(サービスの目的と内容)

  1. Remotaサービスは、利用者がRobotaを利用するためのインターフェースを提供することを目的としたサービスであり、以下を基本的な機能とするWebサービスです。Remota サービスの利用者は個別契約の定めに従って、その全部または一部を利用することができます。
    1. 帳票データの受付とRobotaへの連携
    2. Robotaによるレスポンスデータの修正等の編集
    3. 作成データの外部連携
    4. ワークフロー機能
  2. Remotaサービスについて、当社は申込者に参考となる機能説明その他の参考資料を提供します。これらは、Remotaサービスの目的適合性やサービスの有用性について保証するものではありません。

第4条(環境構築等)

  1. 当社は、利用者との間でRemotaサービスにかかる個別契約を有効に締結した後、個別契約で定めた利用開始日までにRemotaサービスの本番環境サーバ及び開発環境サーバに対し初期構築(利用者がRemotaサービスに接続可能な状態に設定することをいいます。)を行うものとします。
  2. 利用者は初期構築が完了していることを確認し、当社所定の様式により利用の開始を当社に通知するものとします。初期構築完了後5営業日又は利用開始日のいずれか早い日が経過した場合には、当社は、利用者が利用を開始したものとみなします。

第5条(利用者データ保存等)

  1. 当社は、利用者がRemotaサービスに入力またはアップロードしたデータ(以下、「入力データ」といいます)の保存を保証しないものとします。利用者は自己の責任で、入力データにつき、会計システム等へのバックアップを行うものとします。
  2. 当社は、利用者の操作ログや入力データを、利用者等の企業名及び個人名を識別できない形式に加工した上でサービスの向上のために利用することができるものとします。

第6条(サポート)

  1. 当社は、Remotaサービスの一部として当社の営業時間において、利用者からのメールまたは電話による利用方法や操作に関する質問に回答するサポートサービスを提供します。
  2. 当社は、当該サポートについて、目的適合性や問題解決の確実性について保証するものではありません。

2021年9月1日改訂