Concur®︎ Invoice × Remota

支払業務のペーパーレス化と
リモートワーク化を実現

ファーストアカウンティングが提供する「Remota」は、請求書管理クラウドサービス「Concur® Invoice」とデータ連携をすることが可能です。Remotaに搭載されているAI機能で請求書の画像を読み込み、解析し「Concur® Invoice」へ自動データ連携の実現が可能になりました。

WORK FLOW

Concur® Invoiceとの
データ連携の業務フロー

  • STEP01
    請求書受領
    郵送で送られてくる請求書やFAXによる請求書など紙の請求書と、電子請求書といわれるPDF請求書を受け取ります。紙で受け取った請求書はスキャンしてPDF化、もしくはスマートフォンなどで撮影し写真データにします。これらPDFや写真データを、所定のクラウドサーバーにアップロードするか専用メールアドレスに添付データとして送信することでRemotaにアップロードすることができます。
  • STEP02
    OCR処理
    Remotaにアップロードされた請求書は、OCRで読み取られます。 請求書に記載されている内容(日付・金額・発行元会社名・発行元口座情報など)を読み取り、さらに取引先マスターデータとの照合や重複チェック、未入力欄の有無など、整合性をチェックすることができます。
  • STEP03
    確認・修正
    AIによって読み取られた内容はRemotaから確認できます。再確認が必要な項目にはマークが表示されますので、経理部門などの担当者が確認を行い、必要がある場合は内容を修正することもできます。
  • STEP04
    Concur® Invoiceとの連携
    Remotaで確認・修正された内容は確定データとしてConcur® Invoiceへ連携します。RemotaとConcur® InvoiceはAPIで連携しているので、Remotaにあるボタンを押すだけで連携できます。
POINT
紙の請求書と電子請求書の混在も解決!
紙の請求書と電子請求書が混在することも経理部の課題と言えます。
例えば、重複して申請してしまうケースもあるでしょう。
Remotaは二重申請なども検知することができるので、支払ミスを未然に防ぐことができます。
MERIT

RemotaとConcur Invoiceの
連携効果

  • リモートワーク化
    業務に合った運用
    出社いらず
    様々な業務に合った請求書データ化運用が可能。経理業務のリモートワーク化を支援。
  • AIで起票を自動化
    入力の高速化
    業務の効率化
    請求書の起票を自動化
    手書き請求書の対応
  • 請求書の照合の自動化
    照合作業の大幅削減
    人的ミスの削減
    起票された内容と請求書の内容が正しいのかを
    AIで照合実施し業務自動化を実現。
PARTNER
SAP Concur Partner