「紙」文化からの脱却と経理テレワークを実現する 会計ソリューション「Remota」

請求書Robotaとは?

「請求書Robota」は、従来型の帳票定義型のOCRでは読み取ることが難しかった多種多様なフォーマットの請求書を定義 することなく、AIで自動的に電子化する請求書OCRです。請求書のOCRの課題やAIを使った解決方法、およびERPや会計 ソフトへの連携方法について記載します。

請求書Robotaの活用方法と連携

  • STEP 1 請求書データをアップロード

    請求書を複合機でスキャンしたPDFやメールで送られてきたPDFの請求書をwebブラウザからストレージへアップロードします。

  • STEP 2 AI-OCRで読み取り

    アップロードした請求書を「請求書Robota」に搭載されているAI-OCRが請求書か請求書から日付・金額・取引先などを読み取ります。AIが勘定科目も企業ごとのルールに合わせて自動で仕訳も行います。

  • STEP 3 確認作業

    「請求書Robota」が読み取ったデータは再確認が必要な請求書にはマークが付くようになっています。確認が必要な請求書の項目だけ担当者が確認し、確定データとします。

  • STEP 4 会計システムなどへ入力

    確定データはCSV形式でダウンロードできます。CSVをエクスポートし、入力システムへインポートすることで入力を行うことができます。また、各ERPとAPIを使ったAPI連携が可能なので、会計システムの入力まで自動化をすることも可能です。

POINT: OCRへの入力方法

入力方法は2つの方法があります。1つ目は、取引先から紙で受け取った請求書をスキャンして、PDFフ ァイルかJpeg形式で、請求書Robotaに取り込む方法です。
2つ目の入力方法は、請求書をPDF形式で、メールで受け取る方法です。コロナ禍により経理部でテレワ ークが増えており、紙で受け取る代わりに、請求書をPDF形式で、メールで受け取ることが増えてきてい ます。こちらの連携方法は、RemotaというAIプラットフォームサービスで対応しております。

POINT: OCRからの出力方法

請求書Robotaが人工知能を活用してOCRしたあとに、ERPのAPIと連携することで、支払業務の自動化を 実現します。ERPと連携するには、ERP各社のAPIを使い、請求書の起票業務を自動化するソリューション を実現できます。

RPAとの連携の実績

AI-OCRで読み取り、CSVフォーマットで出力された会計データを RPAが受け取り、発注システムやERPデータ上にある発注データや 納品書データと突合する業務も自動化できます。発注データや納品 書との突合業務に、請求書OCRを活用する際は、RPAを活用する ことをお勧めしております。

請求書Robotaは、UiPath, WinActor, Blue Prism, Automation Anywhere, RPAテクノロジーズなどRPAの主要各社と連携の実績が ありますので、既にお使いのRPAや実績があるRPAをご利用頂けま すので、ご安心ください。

UiPathとBluePrismとはAPI連携のモジュールもご用意してありま す。また、その他のRPAベンダーとも、CSV連携を行うことでシー ムレスに会計やERPシステムに、人工知能で抽出した請求書の情報 を連携することが可能です。

請求書Robotaはインボイス制度が変わっても大丈夫!

OCRは1950年から研究されており、紙の帳票からスキャンした文字を光学的にイメージとして読み取り,文字を抽出して 認識する仕組みです。近年ではAIおよび人工知能が活用されることで、手書きを含めた文字の読み取り精度が飛躍的に向 上しました。

待ち受けるインボイス制度にもDeepLearningを活用しているので対応がスムーズ!

帳票系のAI-OCRの場合、あらかじめ、読み取りたい文字が、用紙のどこに書いてあるかという座標設定をする必要があります。帳票の定義でアプローチする方法の問題点はスキャンのズレによって正しく認識できない可能性があることです。また請求書 の明細が一定の形式で記載されていないと、読取ることができません。
これから日本企業はインボイス制度の対応が必要になります。制度変更のため、請求書フォーマットが2回変更されることになっていて、帳票の定義で情報を抽出する手法は、より一層きびしい対応になることが予想されています。
請求書Robotaは、深層学習(Deep Learning)の成果を活用して文字認識精度の向上を図っています。インボイス制度によるフォーマット変更にも再学習させ、スムーズに対応していくことが可能です。

POINT

請求書Robotaは、AIに学習させて、AIにPDFやJPEGの請求書から日付・金額・取引先など読み取らせることに成功した 請求書OCRです。従来型のOCRのように帳票の定義は用いていません。

請求書Robotaの特長

請求書の情報をAIで自動で抽出

請求書Robotaは、AIを使って日本の請求書を 読むことに日本で最初に成功した請求書OCRです。従来型のOCRのように面倒な帳票の定義は一切不要です。 会社名、請求額、請求日、銀行口座、支払期日、明細情報などの会計に必要な情報を、AIで解析し認識して、抽出することができます。

勘定科目も企業ごとの
ルールに合わせて自動で仕訳

人工知能により、仕訳も行うことに成功しております。さらに、各社ごとによってことなる仕訳のルールも、人工知能によって、簿記の2級の派遣社員と変わらないレベルで提供するソリ ューションとなっています。

各社に合わせたAIの学習に工数不要

請求書RobotaはAI搭載で事前に学習した状態で提供しますが、読み取りができない請求書がでた際も、ベンダー側が追加でAIに学習させて精度の向上をさせるため、顧客側の作業は不要 で手軽に運用できるため、満足度が高い顧客がたくさんいらっしゃいます。

インボイス制度変更もスムーズに対応

請求書Robotaは事前に学習したAIを搭載して提供しますが、読み取りができない請求書があった際も、ベンダー側が追加でAIに学習させて精度の向上をさせます。帳票の定義でのアプローチではないので、今後インボイス制度の変更により、請求書フォーマットが変更されてもスムーズな移行が可能です。

実績

ある入札において、請求書Robotaが一番の読み込み精度になり、採用されまし た。RPAはUiPathを使用しました。 また、ERPや会計ベンダーでもAI型の請求書Robotaや仕訳AIが採用されており、経理業務で使う上でも安心できる請求書 OCRサービスといえると思います。